マレーシアのlah英語  

※メールマガジンを開始いたします。
ご希望の方は ⇒ こちら

 

先ほど、1時間以上をかけて書き上げた記事が全て消えてしまい
しばし呆然とした。

 

今日はこのまま諦める選択もあったが
せっかく費やした時間が成果ゼロのまま
一日を終えるのが悔しく、再トライで
タイピングをしている。

 

先ほど何を綴っていたのかと言うと
マレーシアの英語についてであった。
タイトルにある「lah英語」とは
マレーシアの日常英語で、語尾に「lah」が付いた英語のことだ。

 

元英国植民地であるマレーシアは
英語の普及率が高いが
英語を話す=クイーンズイングリッシュを話す
ではない。

 

多民族国家のマレーシアでは
それぞれの民族が母語の影響を多大に受けた
訛りの強い英語を話しているのである。

例えば、マレー系はマレー語のアクセントを受けて
あまりアクセントやイントネーションが強くない
ダラっとした印象の英語を話すし
逆に中華系は中国語(主に広東語)のイントネーションに
そのまま英語が乗っている。
インド系の英語は「R」の巻き舌が強く
タミール語らしいアクセントと共に早口で話されると、
聞き取れず「は!?」となる事も多い。

 

もともと全く言語の違う民族が、共通言語として
何とか英語でコミュニケーションを取ろうとした結果
少ない語彙数で会話が成立し、しかも親近感が持てる
庶民のマレーシア英語となった。

 

マレーシア英語で代表的なのが、語尾の「lah」。
マレー語で色々な動詞にくっついて
「~よ」「だよね~」のニュアンスになる言葉だが
これが英語にもくっついてしまった(笑)

 

例えば、マレー語の「来る」は
「datang(ダタン)」だが。これにlahが付くと
「datang lah(ダタン ラー)」となり
「おいでよ~」の意味になる。

 

だから、もしもあなたが英語でマレーシア人に
家に遊びに行っていいか尋ねた時
「Come lah!」と言われたら
親しみを込めて、「おいでよ!」と言われているということだ。

lahは「Yes」「No」「OK」にも付くので
それぞれどんなニュアンスなのか
想像してみていただきたい。

 

欧米の方や、きちんとした英語を話す方にすれば
「何この英語!?」なマレーシア英語だが
庶民のコミュニケーション言語として
立派に成立しているのである。
慣れると少ない語彙で会話が成立するので
便利な事この上ない。

 

マレーシアに旅行した時、耳を澄ませば
周りのマレーシア人が、「lah」付きの英語で
堂々と喋っているのが聞こえるだろう。

庶民的なお店などで、あなたもlah付きの英語で話せば
相手は驚き、大喜びするに違いない。

 

 

最後に、AmelkisのMakiさんとの
英語のショートExchangeの様子です。

lah付きマレーシア英語が日常の私にとって
素晴らしい英語を話されるMakiさんとのexchangeは
毎回当たって砕けると同時に、刺激的であり
大きな手ごたえをいただいている。

 

マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana

 

 

コメント