腕のポジションとハイヒール

「腕を下ろしたら、バランスが取れなくなってしまいました。」
今日のプレタポルテレッスンで、クライアントが嘆いた。

 

Asami-Parisのメソッドでは、腕は美しいアクセサリーと定義づけられる。
腕は決して大げさに振らず、美しく身体に沿わせ
あくまでも身体の軸を使って歩く。

 

腕の振り方ひとつて、その女性が回りに与える印象は大きく異なる。
腕のことを学んだ時、師匠が見せてくれたお手本は衝撃的だった。
如何なる時も美しい師匠が
腕をブンブンと振りながら歩いた瞬間
エレガンスは吹き飛び
全くの別人のように子供っぽくなってしまった。

 

肩甲骨をぐっと寄せ、デコルテを開く。
腕は美しく身体に沿わせる。
ハイヒールの美しい歩きでは、これが基本だ。

 

だが腕を下ろした状態で、デコルテを開くこと
腕を身体に沿わせ続けること。
これが意外と難しい。

 

歩いているうちに、だんだん肩が前に入ってきてしまうし
腕が身体から離れてくる。
腕に意識を向けると、足運びが疎かになり
あっという間にバランスが崩れる。

こちら(腕)を立てれば、あちら(脚)が立たず、
意外と苦戦を強いられるのが腕。

冒頭のクライアントのお言葉は、
まさにこの苦戦の最中に漏らしたお言葉だ。

私もそうだったので、お気持ちは良く分かります。
練習していけば、必ず出来るようになるから
心配はいりませんとお話しして、次回レッスンに持ち越しとなった。

 

 

最近、腕と肩のポジションについて
納得する学びを得た。

この方法を試すと、いかに自分の腕のポジションがおかしいか
肩が前に入っているかがすぐに分かる。
初心者にも腕と肩のポジションが分かりやすいので
私のレッスンを受けられる方には、どんどんシェアしていきたいと思う。

 

 

マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana

 

 

 

コメント