気ままな一日

金曜の夜、私は夜8時過ぎに寝落ちしていたらしい。

らしい、というのは本人は一体いつ寝たのか、全く記憶に無いからだ。
娘曰く、「8時半に起こしたら、うーんって言って、また寝てたし
10時ごろもう一回起こそうとしたら、もう起きなかったから放っておいた。」そうだ。

その割にはちゃんとベッドに入っていたし
ブランケットも掛けていたので
誰がやってくれたのかと聞けば
ベッドには自分で横になって
ブランケットは起こすのを諦めた娘が掛けてくれたらしい。

全く、どっちが母親だか。
ということがしばしば起こる我が家である。

 

ということで、夜8時から寝落ちし、今朝目が覚めたのが7時であった。
11時間も寝ると、起きた時は身体が固まっているのを感じたし
腰が少し痛かった。

ストレッチをして朝食を用意して、
と言っても私は結婚以来、朝食らしい朝食を作った事が無い。
日本の方には「えー!」と言われそうだが
東南アジアでは朝食は作るより買う家庭のほうが、圧倒的に多いのである。

 

 

そして土曜日はダンスのレッスンがある日。
たっぷり眠ったおかげか、身体が軽く感じて踊りやすかった。
身体のコンディションは日によって違うので
どうにも身体がついていかない日もある。

上手く踊れない時はイライラしていたが
あれはもしかしたら、睡眠不足のせいで
身体が疲れていたのかもしれない。

睡眠と言うのは、本当に侮れない。
(そう言いつつ、このBlogを綴っているのも真夜中なのだが)

午後、急に髪を切りたくなった。
今日中にどうしても切ってしまいたい。
そんな衝動に駆られ、美容院に電話をすると
最終受付の枠が空いているという。
すぐに予約を入れて、夕方娘と一緒に出かけた。

 

この前は肩ギリギリくらいの長さであったが
今日は肩上。
やはり髪を切るのは気持ちが良い。
肩より上の長さにすると、気分がしゃっきりする。

 

インスタに投稿しようと
「ロックシンガーみたいじゃない?怖くないですか?」
と、娘にお伺いを立てると
「ワンダーウーマンみたいで良い。」
との答えが返ってきた(笑)

強そう、という意味であろうか。

 

ワンダーウーマン?(笑)

 

 

髪を切った後は、次男が働いているカフェへ。
次男は高校卒業後、大学が決まるまでの間 カフェで働いている。
てっきりアルバイトだと思ったら、アルバイトではなく
正社員として採用されているのだそうだ。

大学が決まったら退職するつもりらしいが
知らない間に子供に就職されているとは
こんな母親、ありだろうかと自分でも苦笑してしまう。

 

 

 

 

自分でも抜けた母親ぶりだなと思うが
昔は何でも一人でせねば、と頑張る母親だった。
頑張りすぎて鬱の一歩手前になり
頑張りに強制ストップがかかった。
そのおかげで鬱にならずに済んだ。

 

なので最近では、抜けている部分はあえてそのままにしている。
抜けているところは、人に頼れば良いのだ。
人に頼ることをようやく自分に許可したら
抜けている自分も愛しいと思えるようになった。

 

久々に気ままに過ごした一日であった。
明日はクライアントとのプレタポルテが1件入っている。
髪を切って気分がしゃっきりしたところで
クライアントのレッスンに臨みたい。

 

 

マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana

 

コメント