足が弱いマレーシア人

「そんなハイヒールが履けるなんて凄いわ。」

知人のマレー系女性に、そう言われた。
その時履いていたのは、10センチのハイヒール。

 

「私なんてもう、普通の靴も痛くてだめなの。
だから最近じゃ、こういうのばっかり。」

そう言いながらバジュクルン(民族衣装)の裾から見せてくれた靴は
厚さ5センチほどの厚底サンダルであった。
彼女曰く、底が柔らかいので履きやすいのだそうだ。

しかしそういう靴(サンダル)を履いても、長時間は歩けないと言う。

 

彼女のようなマレーシア人はとても多い。

車社会の上、暑いので歩く事を避けること。
カロリーの高い食生活と運動不足で肥満が多いこと。
だからと言って、ダイエットや運動の習慣を見直すという
健康への意識がまだ低いこと。

そしてここが一番の問題なのだが
特にマレー系の気質に多い「Malas(Lazy 面倒くさがり)」
これらが重なって、足や膝にトラブルを抱える人が多い。

 

言うまでもなく、足(脚)は体を支える土台であり
ここが弱ると、全身が弱ることを意味する。
マレーシア人の身体は、日本人と比べて
5歳から10歳は老けるのが早いと感じているが
足のトラブルとも関係があるのではないだろうか。

 

冒頭の知人には、厚底サンダルは、足首と足指が使えないので
足が弱くなる可能性がある、と伝えた。
きちんと筋肉を作っていけば
ハイヒールでも身体に負担はかからない。とも。

 

男性はハイヒールは履けないが
せめてマレーシア人女性にこそ
ハイヒールで軸を使って歩くことを知っていただきたいと思う。

 

マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana

 

 

 

コメント