何をするか 誰と組むか

先月から新しい試みとして
AMELKISのMakiさんと二人三脚で
ハイヒールレッスンの英語版構築に取り掛かっている。

 

今日はMakiさんと英語でショートExchangeを行った。
頭で考えるのと実際に動くのは大違いなので
とにかく英語で動いてみましょうという試みだ。

Makiさんからのご提案で実現した、今日のショートExchange.
この行動力、さすがMakiさんである。

 

私たちが取り組んでいるのは、ハイヒールレッスンを完璧に翻訳することではない。
もちろん、理論を完全に英語で説明できることは大事だが
それ以上に、クライアントに英語でどう意識を入れるか。
その実践方法を探っているのである。

英語でレッスンと言うと、とても大変なイメージがあるかもしれない。
だが、Asami Parisメソッドは理論がベースとなっているので
実は英語に嵌りやすく、意外とやり易いのだ。

20分程度のショートExchangeであったが
大変大きな刺激になり
二人とも「これはいける。」と手ごたえを感じたのが
何よりの収穫であった。

 

 

何かを成し遂げようとする時
何をするか、と同じくらい大事なのが、「誰と組むか」。
誰でもいいから適当に、では
物事は成し遂げられないのである。

 

組む相手とは、何のためにという価値観が同じであること。
そして、情熱の温度が同じであることも大切だ。
個性や視点は違っていい。
むしろ違っていたほうがいい。
その違いが、思いがけない化学反応になるのだから。

レッスン後、Makiさんとお話をしている中で
二人とも同じ未来のヴィジョンを持っていることが分かった。
そのヴィジョンを実現させるためにも
英語のレッスンは必須ですね。と思いを新たにしつつ
Skypeを閉じた。

心地よい疲労感と、目の前が開けたような清清しい気持ちであった。

 

 

最後に、MakiさんとのショートExchangeの動画です。
最初から完璧主義にならず、まずは叩き台を作ることと
英語で身体を動かすことに慣れることに
焦点を絞っております。

 

マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana

 

 

 

 

 

コメント