私流 :怒りを逃す方法

先月末から発生したインターネットの不具合。

モデム交換をして、復旧した矢先

先週の木曜日から、再び不通になってしまった。

 

 

マレーシアでは、不具合が起きてもすぐに業者が来てくれるわけではない。

まずはプロバイダーに電話 → 48営業時間内に業者が来る日を知らせてくる。→ 不具合チェック

という流れなので、まずはいつ業者が来る日を決めるため「だけ」に

最長48時間待たねばならない。

今回もジリジリしながら待ち、やっと業者からいつ修理に来れるか電話があった。

 

「ただ今予約がいっぱいなので、最短で2月28日になります。」

 

28日!!!!

と言う事は2月いっぱいwifiが使えないと言うことだ。

1週間程度ならまだ耐えられるが、1ヶ月も不通では、レッスンに支障が出るではないか!

それでは困る、もっと早くして欲しいと交渉しtが、最短で28日の一点張り。

話すだけ時間の無駄なので、取り敢えず28日でアポイントを取ったが、

お腹の中は煮えくりかえっていた。

 

 

怒髪天を衝くとは、まさにこの事

長年マレーシアに住んで、大抵の事には慣れているが

久々に怒り狂うレベルの不具合である。

今までであれば、火山の大噴火の如く怒り狂っていただろう。

 

 

しかし私も、ハイヒールの哲学のおかげで若干進歩した。

怒りを周囲にぶつけるのは美しくない、と何とか堪えたのだ。

堪えはしたが、収まらない怒りのエネルギーは

そのままキッチンの床と鍋、キャビネットの中に向けられた。

 

 

キッチンの大掃除と断捨離は、怒り逃しに絶大な効果を発揮し、

1時間の集中作業でゴミ袋2袋分の不用品と

ピカピカになった床と鍋、という成果が上がった。

怒りのエネルギーを断捨離に転換できた自分を、心から褒めてやりたい。

 

明日もまた、しつこくプロバイダーに電話をする。

1日も早く復旧して欲しいものだ。

コメント