未来を先取りする

Blogで公開するのは初めてだが、こちらは私の名刺である。

 

 

実はこの名刺、ハイヒールコーチとしてデビューしてから作ったものではない。
作ったのは、コンサルティングを受け始めた翌月。
まだ右も左も分からず、とにかく必死で課題をこなしていた頃だ。

 

本当に私が、ハイヒールコーチなんてなれるんだろうか。
無事にコンサルティングを卒業できるだろうか。
ものにならなかったらどうしよう。
そんな不安だらけの日々だった。

卒業した先輩方、現役でコンサルティングを受けている方々
どの方のBlogも、エレガントで美しい雰囲気を醸し出されていて
既にハイヒールの達人のように見えた。

 

 

 

 

とにかく自信が無くて不安ばかりが渦巻いていたあの頃。

このままでは、ハイヒールコーチですなど名乗れない。
そう思った私は、名刺を作ろうと思いついた。

とにかく、ハイヒールコーチという肩書きに慣れること。
卒業してからでは遅い。
今から、自分はハイヒールコーチなのだと自覚するために
名刺を作って持ち歩こう。

 

 

名刺など作ったことは無かったが、近所の小さな印刷屋で
100枚の名刺を作った。
作った名刺を名刺入れに入れた時はドキドキした。
今日から私は、ハイヒールコーチのNana。
自分にそう言い聞かせた日。

 

数ヵ月後、コンサルティングを卒業し
この名刺を配る機会にも恵まれた。
その頃には、ハイヒールコーチと名乗ってもドキドキせず
何をしているか、きちんと話せるようになっていた。

 

 

なりたい目標があるなら
「既にそうなっている自分」を先取りしておくこと。
これはとても大切だと思う。

○○が終ったら。
これが出来たら。
そこから始めるのでは遅い。
先に目標を達成した自分を先取りして
その自分に向かって、ギャップを埋めていく。
あるいは、少し未来の達成した自分を手繰り寄せる。
そんなイメージで行動していくのだ。

 

 

 

私とハイヒールコーチという肩書きを擦り合わせてくれた名刺。
だが、今の私には合わなくなってきたと感じている。
Blogも引越ししてURLが変わったことだし
思い切って新しい名刺を作ることにした。

 

幸い、お願いした方が快く引き受けてくださった。
今度は最初から、プロのデザイナーさんにお願いして
一から作り上げていく。
そのプロセスも、とても楽しみでたまらない。

 

 

 

マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana

 

 

 

 

 

コメント