足の幅が広いからハイヒールが履けません

今日のタイトルは、今までに何人もの方から聞いた言葉を

そのまま使わせていただいた。

そんなに足幅が広いのか?と この台詞を仰る方の足を見ると
もともと幅広の足というのは意外と少ない。

だが
「そんなに広いようには見えませんが。」と言うと
「いえいえいえいえすっごい広いんです!」
と何故か全力で否定される方が9割だ。

「ハイヒールとか先の細い靴を履くとすごく痛くて。」
だから先が丸くて、幅が広いフラットシューズしか履けないんです。

実は私も、以前は足幅が広いからハイヒールは履けないと思い込んで
先が丸いフラットシューズを履いていた。
しかもストラップ付きである。
思い出すと気が遠くなりそうな似合わなさだったが
当時はそれしか履けないと思っていたから仕方が無い。

 

日本人の足は幅広、というのが定説だが
実は生まれつき幅広の足というのは少ない。

大抵は後天的に足幅が広がってしまったものだが、

実はこれは危険信号である。
最近靴の横幅が狭いと感じる、以前より靴擦れが出来るなどの場合は
足の裏のアーチが崩れてきている可能性があるからだ。

 

アジア人の中でも、とりわけ日本人女性は筋力が弱い。
年齢を重ねるごとに筋肉は衰えて行くが、足裏の筋肉も例外ではない。
加齢と共に弱った筋肉は体重を支えきれなくなり
足裏のアーチが潰れてしまう。

そうすると足の横アーチを支える靱帯が伸び切って
外反母趾の原因になるのである。

外反母趾の最も大きな原因は足裏の筋力不足。
決してハイヒールだけが悪者ではないのである。

 

以前より靴の横幅が狭いと感じるようになったら
むやみに大きいサイズを履くのではなく
横幅がぴったりしたサイズを履くことが重要である。
大きくてガボガボする靴を履いてしまうと
脱げるのを防ぐために、足指でふんばったり
体の変なところに変な筋肉が付いてしまう。

それから、足裏と足指を鍛えること。
よくある方法だが、足指でグー、チョキ、パーが出来ない方は
相当足裏と足首が弱っている。
しっかりとケアをし、足裏と足首を鍛えていただきたい。

足の幅が広いイコール、ハイヒールが履けない。では無い。

足裏に筋肉を鍛えれば、ある程度アーチは復活するし

足幅も狭まってくる。

纏めると

1 まずは自分の足をチェックする

2 緩すぎる靴ではなく、足幅にぴったりの靴を選ぶ

3 足裏を鍛える

4 足の形に合った型の靴を履く

要は正しい知識と予防、改善の為のエクササイズ

そして適切なサイズ選びをすること。

こうする事でハイヒールも履ける。

長年の開張足から外反母趾に悩んできた私でも

10センチのハイヒールが履けるようになった。

外反母趾だがハイヒールを履いてみたい方は、

右下のフォームから、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント