C’Est La Vie

日本にいる大切な友の誕生日

お互いの誕生日に、誕生祝いのメールを送り合い
今、健康であることへの感謝と、お互いの成長を祈りあう
私と大切な友人の、毎年の恒例行事である。



人生は誰と出会うかで、その質が決まる。
誰の言葉だったか忘れたが、人生の折り返し点を過ぎてから
この言葉の重みを、しみじみと感じている。

大人になればなるほど、本当に心から信頼し合える友を得ることは
難しくなってくる。
だからこそ、心を許し自分をさらけ出せる友の存在が
本当に有り難い。



素直に何でも話すことが出来て
時にその人の目の前で泣くことも出来る。
ある時は私を叱ることも厭わない。

何でも話すこと、というのは
何もかも相手にぶちまけることではない。
構えたり格好付けることなく
率直に何でも話し合える、という意味である。

そんな友との語らいは、何物にも換え難く
どんなに距離が離れていても、メールの文字からも
気持ちが通じているのが分かる。
一時帰国で会った時は、まるで先週会ったばかりのように
同じ空気感で話が出来る。
それがたまらなく心地よい。

素晴らしい友を得たこと。
これは私の人生の、かけがえのない財産だ。



Blogを綴りながら、この歌が聴きたくなり
Youtubeで検索してみた。
エネルギーが落ちた時、時々この歌を流しては踊っている。

Khaled – C’Est La Vie



時々、人生はダンスのようだと思う。
ソロで踊っている時もあれば、デュエットの時も
群舞の時もある。
喜びに震えながら踊ることも
悲しみに打ちひしがれ、もう踊れないと思うこともある。
新しく舞台に現れる人もいれば
出番を終えて舞台を降りて行く人もいる。

それでも私達は踊り続ける。
人生という素晴らしき舞台の幕が下りるまで。



On va s’aimer on va danser
Oui c’est la vie lalalalala…



マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana

コメント