結果を出すために有効な方法

 

最近、通勤に5センチのヒールを履いてます。

通勤の時、レッスンで習ったことを意識してたら

今まで足元にどれだけ無関心だったか、よく分かりました。

 

8月からレッスンを始められたクライアントから戴いたお言葉である。

この方は今まで、夏にウエッジソールのサンダルを履いてはいたが

ヒールのある靴とは、ほぼ無関係だった。

 

自分史上最高の高さが5センチであり、それも滅多に履かなかったそうだ。

ハイヒールが履いてみたい!と私の門を叩かれたが

最初は7センチのヒールを履くと

足元が生まれたての小鹿のようにフルフルと震えてしまい

立っているのがやっとだった。

 

レッスンでは壁に手を付かなければ、バランスが取れなかったのだが

先週末 6回のワンクールを終えて、手を付かずに歩けるようになった。

5センチのヒールは既に日常の靴となり

毎日の通勤に履いていらっしゃるとのこと。

 

「私がヒールで通勤するようになるなんて、びっくりです。」

笑いながら仰っていたが、ヒールの靴を履くようになって

はっきりと意識が変わったそうだ。

7センチをもっと美しく履きこなしたい。

そう仰られ、プレタポルテ6回コースの継続を決められた。

 

最初は無縁だと思っていたハイヒールの世界

けれどそれは決して無縁ではなく、確実に手に入る世界だ。

クラリネットを演奏されるこちらのクライアントは

ハイヒールレッスンとクラシック音楽のレッスンは

共通するものがあると仰られる。

今の自分の力量では、まだ難しいが

どうしてもその世界を表現したくて挑戦する

そのエネルギーが似ているのだそうだ。

その姿勢は着実に実を結び、結果となって彼女に返っている。

 

結果を出したければ、今の自分より頭ひとつ高いレベルに

目標を設定すること。

そして、コツコツと続けること。

もうひとつ大事なのは

自己流でなく、その世界に詳しい人の助けを借りることだ。

 

ハイヒールは女性ならではのアイテム。

それだけにだらしなく履けば、だらしのない女性のオーラになり

美しく履きこなせば、美しいオーラを放つ。

本当に嘘がつけない。

だからこそ、ひとつひとつ丁寧に積み重ねていくことが大事なのだ。

 

マレーシア クアラルンプールより愛を込めて

Nana

 

 

 

コメント