こんな時こそ美しいもの、楽しい事を

今日息子2人をお供に買出しに出かけ
帰宅したらクッキングオイルのストックが2本もあったという不覚。

 

昨日のブログで「落ち着け!」と吼えておきながら
さては私も、空に近いオイルの棚を見て動揺したかと
苦笑が隠せなかった。

一般のマレーシア人家庭に比べて
クッキングオイルの消費量が格段に少ない我が家。
この分ではあと数ヶ月はオイルを買う必要が無さそうだ。

 

 

18日に発令された行動制限令で
私も隔日勤務になった。

子供たちの中学校と大学も当面閉鎖なので
全員が家にいる。

ちょうどいい機会だと思い
これからは3人で家事と食事の支度を分担するよう申し渡した。
明日、子供3人とミーティングをして
シフト表を作ることになっているが
さてどうなるか(笑)

 

テレビでは、国王陛下が
「食料品の供給は充分なので
パニック買いをしないように。」
と呼びかけていた。

 

多民族国家のマレーシアは
食糧供給の不安などが、民族対立の火種になりかねない。
政府は国民を安心させ、火種を作らないことが急務なのだ。

もっとも当の国民は、とっくに政府があてにならないと分かっていて
さっさと自衛に走っているのだけれど。
そういう面は、逞しいなと思う。

 

マレーシアのSNSでは、[Stay at home]キャンペーンが始まった。

 

 

 

今、行き場の無い不安や閉塞感が各国を覆っている。

 

まずは命があること。
自分は大丈夫!と決める。
予防のために、出来ることを淡々とする。
免疫力を上げる。
そして生活が成り立つこと。
最低限持ちこたえられる生活必需品の準備をする。

ここまでは「生き延びる」ために必要なことだ。

 

けれど人は、「生き延びる」ためだけでは
心が枯れてしまう。
こんな時こそ
美しいもの、楽しい事で、心に栄養を。

命が脅かされる局面では、美しいものや楽しいことは
後回しにされがちだ。
だが、こんな時でも変わらず、美しいものを美しいと感じ
楽しい事を楽しむ。
それで初めて、「生きる」ことになるのだから。

 

 

花を飾る
模様替えをする
好きな音楽を聴く
家の中でもおしゃれをする

何でもいい

 

夜は必ず明け
雨は必ず止む
冬はやがて春になる
辛い事もいつかは終わる

 

大丈夫
あなたは今まで、生きてきた。
そしてこれからを生きるために

 

美しいもの
楽しい事を愛し

笑おう

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

私に出来ることとして
免疫力を上げるワークを開催いたします。

今回は、お子様がいらっしゃる方でも大丈夫なように
お子様と一緒に見て、一緒に出来るような
ミニワークを考えています。

開催は来週の木曜か金曜あたりの予定です。

 

詳細はもう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント