笑うと変な顔?

私はずっと、自分の顔が嫌いでした。

きっかけは多分、中学生の頃
友達に「笑うと変な顔だよねー。」と言われたこと。

 

多分友達は、何の気なしに言ったのだと思います。
しかし、多感なお年頃でしたので
その言葉がグッサリと刺さったのでしょう。

その後、ブリティッシュロックに突っ走ったこともあり
笑わないのが”COOL”という信念が培われて
10代の頃はほとんど笑った写真がありません。
相当意気がった暴れん坊だった気がします。

今思うと、「若かったわねー。」と言うしかないのですが。(笑)

 

ファッションもメイクも好きでしたが
どこか自分の顔が好きになれず
どんなメイクをしても、いまひとつ気に入らない自分がいました。

私は祖母譲りの面長なので、顔の長さが気に入らない。
エラが気に入らない
目と眉の間が狭いのが気に入らない
あそこも、ここも嫌い。

 

そのまま、何十年も過ごし
マレーシアに来てからは、まず環境に慣れるのに必死。
特に出産、育児中は、自分の顔など「放置」でした。

 

いえ、顔だけではなく
自分自身を全部、置き去りにしていたのです。

 

その結果、私を襲ったのは鬱の一歩手前でした。

 

 

続く

 

 

自分の顔が嫌いだった私が
自然な笑顔が出来るようになった
そんなお顔のエクササイズ。

レッスン開始まであと少しです。

 

メールマガジンをご登録いただいた方には
優先的にご案内いたしますので
この機会にぜひ、メールマガジンをご登録ください。

メルマガ登録は ⇒ こちら

 

コメント