自分の放ったものが返ってくる

自分の放ったものが自分に跳ね返ってくる。

 

そのことを深く感じた日だった。

 

数年前、ある集まりで、私と連れの友人に暴言を吐いた男性がいた。
今思い返しても、一体何がトリガーだったのか分からない。
恐らく彼にとっては、怒りのポイントに触れる何かがあったのだろう。
それはそれはひどい怒号と暴言で
その場にいた全員が呆然としたものだ。

一緒にいた彼の妻は止めるでもなく、夫を宥めるでもなく
ただ顔を背けて座っていた。

 

その場には小さなお子さんもいて
可哀想に、その男性の大声に怯えきっていた。
見るに見かねて、止めに入ってくれた別の男性がいたが
今度はその男性に食って掛かる始末。

 

この手の人間は、何を言っても聞く耳を持たない。
むしろ言えば言うほど怒りをエスカレートさせる。
結局こちら側が謝ることで、一応その場は収まった。
もちろんこちらは釈然とせず
煮えくり返るような怒りがお腹の中に渦巻いていたのだが。

 

 

今日、ひょんなことでその暴言男と再会した。
向こうは私のことなど覚えていないだろうが
私ははっきり覚えている。

数年経って(あまり嬉しくないが)再会したその人は
ホームレスかと思うほど薄汚れて、貧相ななりをしていた。
人伝えに聞いたが、昔はそれなりに羽振りが良かったらしいが
一体何があったのか、妻と離婚し家族も、お金も全て失って
本当にホームレスのような生活をしているらしい。

ああ、やっぱりこうなったのね。

 

冷たいようだが、宇宙の法則は絶対であり
誰彼構わずに怒りのエネルギーをぶちまけていた彼は
なるべくしてこうなったのだと思う。

同時に、そのような人々に遭遇した時
真正面から戦ったり、必要以上に受け入れすぎて罪悪感を抱くことは
自分のエネルギーの無駄なのだとつくづく感じた。

相手の負のエネルギーに巻き込まれて
自分も負のエネルギーを放つこと。
これは大きな罠である。

 

負のエネルギーを撒き散らす人には
私たちが手を下さずとも
宇宙の法則により、負の将来が待っている。

そう思えば、いちいち関わりあわずに
彼らを自分から引き離すことが出来る。

同時に、ついうっかり自分も負のエネルギーを放ってしまえば
それは確実に自分に跳ね返ってくる。

 

日々、色々な人と接する仕事であるから
改めてこの事をしっかりと肝に銘じよう。

 

 

私は、どんなエネルギーを放っているだろう。

日々、繊細に意識してゆく。

 

 

クアラルンプールより愛を込めて
Nana

 

 

 

 

コメント