たかが皮一枚 されど皮一枚

先週の土曜日に、サンダルを履いて「鼻緒ずれ」してから一週間。

靴擦れというのは、歩くたびに同じ箇所に負担がかかるせいだろうか。
意外と痛みが強く、治りも遅い気がする。
しかも、ちょうど鼻緒擦れする部分は、ハイヒールを履くと体重がかかるところ。

火曜日に試しにルブタンに足を入れてみたが
指の付け根が少し腫れていたようで、足が入らなかった。
10センチのジミーチュウは何とか履けたのだが
無理をして悪化させても困る。
今週は高いヒールは諦めて、仕事用の8センチヒールを履いていた。

そして昨日、再び恐る恐るルブタンに足を入れた。
何とか足が入り、ルブタンでエクササイズが出来てほっとした。

しかし、1週間右足を庇って歩いていたため
足首が硬くなっているのがはっきり分かった。

全く、靴擦れがこんなに大変だとは。
たかが皮一枚、されど皮一枚。
足と歩きに及ぼす影響は大きかった。

 

ハイヒールコーチを目指すようになった頃から
常に身体に意識を向けるようになった。
そのお陰で、重心がずれている、とか
足首が硬くなっているとか
そんな身体の違和感が繊細に感じられるようになった。

これが自覚なしに足を引きずってあるいていたら?
身体が左右どちらかに傾いているのに気付かずにいたら?
一体どれだけの影響が出てくるのか。

 

美しさと健康は日常から。
まずは自分の身体に意識を向けるところから始まる。

クアラルンプールより愛を込めて

Nana

 

コメント