Selamat Hari Raya 2019

日付が変わってしまったが
6月5日は1ヶ月のラマダンが明けた祝日「Hari Raya(ハリラヤ)」であった。
イスラム教徒にとっては、1年で最大のお祭りである。

この時期はマレー系の人たちにとって、帰省の時期でもある。
今週は月曜日くらいから帰省ラッシュが始まり
ハリラヤ前日にはクアラルンプール市内の交通量が激減していた。

 

我が家は帰省する田舎も無いので、クアラルンプールで過ごすのだが
今日は恒例の親戚周りで食い倒れ。
夜は家族で実写版「Aladdin」を観に行き
1日フル稼働であったので、正直体力が尽きる寸前である。

 

今年の家族写真

 

 

 

そしてこちらは2009年
ちょうど10年前のハリラヤ写真。

 

こうして見ると、子供たちの成長の早さに驚くと共に
よく無事に大きくなってくれたなと思う。

 

「Selamat Hary Raya」は「ハリラヤおめでとう」の意味だが
もともと、「Selamat」は「平安」という意味がある。

世界中のイスラム教徒がラマダン明けを祝う日。
世界には住むべき家も無く、命の危険に晒されながら
この日を迎えた人たちが大勢いる。

私の身辺でも、ハリラヤ直前に闘病生活から解放されて
神様のみもとに旅立った友人がいる。
平安にこの日を迎えられることは、当たり前ではなく
とても幸運なのである。

 

今年も、家族が揃って無事ハリラヤを迎えた事に
心から感謝をしつつ、改めてこの言葉を噛み締めている。

 

Selamat Hari Raya!
(ハリラヤおめでとう!)

 

クアラルンプールより愛を込めて
Nana

 

 

 

 

 

 

 

コメント