ハイヒール

ハイヒール

ゾンビになりたくなければハイヒールを

先日、仕事で20代の男性とお会いした。 なかなかハンサムな方で、礼儀正しく穏やかな方であった。 だが、心から「惜しい!」と思う点が。 猫背で、頭が思いっきり前に出ていたのだ。 いわゆる「スマホ首」の状態である。 ス...
ハイヒール

サテーにご用心

マレーシアを代表する料理と言えば マレーシア風焼き鳥「サテー(Satay)」は外せない。 ココナッツミルクで炊いたご飯、ナシレマッ(Nasi Lemak)と並んで マレーシア人のソウルフードではないだろうか。 ...
ハイヒール

ルブタンの裏張りと困ったこと

クリスチャン・ルブタンの靴と言えば あまりにも有名な美しいレッドソール。 そのまま履くと地面と擦れて、みるみるうちに無残な傷となってしまうので 購入されたら、新品状態での裏張りをお勧めする。 私も昨年、東京でルブタンを購...
ハイヒール

凜とした生き様 Les Caprices凜さん

今日は二ヶ月ぶりにハイヒールコーチ同士のExchangeがあった。 今回のお相手は、Les Capricesの凜さん。 Exchangeの時はいつも、ときめきと緊張が同時に押し寄せてくる。 凜さんのBlogを拝読すると、ご自分の想...
ハイヒール

なぜ ハイヒールで美しく歩くことが必要か ③

「歩く」事がこれほど奥が深いと分かったのは、この1年ほど。 多くの方がそうであるように、私も「歩く」ことを当たり前と思っていた。 足を交互に前に出し、腕を振れば自然に前に進める。 それがどれだけ重要なのか、全く意識...
ハイヒール

なぜ、ハイヒールで美しく歩くことが必要か ②

2月4日にモデム交換を済ませ これでネットが使える!!!と喜んだのもつかの間。 昨夜から再び、ネットが不通になった。(泣) やっぱりマレーシア。 一度で事が片付かない。 さて、前回からの続きだが...
ハイヒール

なぜ、ハイヒールで正しく歩くことが必要か ①

我が家のネットはまだ復旧しないが 復旧しないからとBlogをお休みすると 書くことに対して怠け心が出てしまうため 少しずつでも更新することにした。 アプリでは改行や画像添付が上手くいかず お見苦しい点があるかもしれないが 体裁はネットが復...
ハイヒール

愛しのマレーネ

愛する彼女の名はマレーネ。 彼女とは、私のファーストルブタン。 黒の12センチクラシックタイプのハイヒールである。 今まで散々「変態靴」と呼んでいたが(!) 流石に申し訳ない気持ちになり、名前を付けた。 靴に名前を付けるとは、...
ハイヒール

体はひとつのユニットである

ハイヒールレッスンに素足のエクササイズは欠かせないが 私には大変苦手な素足のエクササイズがひとつある。 「拇趾球一点立ち」と言えば、Asami-Parisメソッドをご存知の方なら ああ、あれね。とピンとくるはずだ。 簡単...
ハイヒール

sub Rosaについて

sub Rosaについて というページを書きました。この屋号に込めた、私の願いや信念を綴っております。是非一度お読みいただければと思います。 マレーシア クアラルンプールより愛を込めてNana