ハイヒール

ハイヒール

なぜ、ハイヒールで正しく歩くことが必要か ①

我が家のネットはまだ復旧しないが 復旧しないからとBlogをお休みすると 書くことに対して怠け心が出てしまうため 少しずつでも更新することにした。 アプリでは改行や画像添付が上手くいかず お見苦しい点があるかもしれないが 体裁はネットが復...
ハイヒール

愛しのマレーネ

愛する彼女の名はマレーネ。 彼女とは、私のファーストルブタン。 黒の12センチクラシックタイプのハイヒールである。 今まで散々「変態靴」と呼んでいたが(!) 流石に申し訳ない気持ちになり、名前を付けた。 靴に名前を付けるとは、...
ハイヒール

体はひとつのユニットである

ハイヒールレッスンに素足のエクササイズは欠かせないが 私には大変苦手な素足のエクササイズがひとつある。 「拇趾球一点立ち」と言えば、Asami-Parisメソッドをご存知の方なら ああ、あれね。とピンとくるはずだ。 簡単...
ハイヒール

sub Rosaについて

sub Rosaについて というページを書きました。この屋号に込めた、私の願いや信念を綴っております。是非一度お読みいただければと思います。 マレーシア クアラルンプールより愛を込めてNana
ハイヒール

体重計は不要

先週、なんと「ルブタンに足が入りません事件」が勃発! これまで数か月の間、足を入れつづけようやく馴染んできたところなのに。 それがどうしたことか。爪先は入っても、それ以上入らない。少し体温に馴染ませてから無理やり入れるとま...
ハイヒール

2019年 「挑」

新年明けましておめでとうございます。旧年中はsub Rosaの旧Blogger Blogへご訪問いただき誠にありがとうございました。2019年元旦より、sub RosaはこちらのBlogにて発信を行ってまいります。どうぞよろしくお願い申し...
ハイヒール

凍てついた銀の薔薇 La fille de Berlin

日付が変わってしまったが、昨日はクリスマス。マレーシアは祝日であった。常夏のクリスマスの事を綴ろうかと思ったがLa son de la Merの海音さんからの素晴らしいクリスマスプレゼントを拝聴し何か美しいものについて綴りたくなった。...
ハイヒール

ルブタンの官能性

Christian Louboutinの12センチのクラシックタイプを購入して2ヶ月あまり。未だ足を入れて慣らしている状態である。 最初は見ただけで、「これは無理でしょう。」と思った。Louboutinの靴は甲幅が狭いと聞いてい...
ハイヒール

なりたい自分に会いにゆく

プロフィール写真が出来上がった後 嬉しくて写真を何度も見返した。 今まで頭の中に漠然としていたイメージを 形にした、初めての経験だった。 何かをひとつ、作り上げたことが 堪らなく嬉しかったのだ。 ...
ハイヒール

So Kateの威力

プロフィール写真の撮影二日前に 出会ってしまったSo Kate. 最初は足に馴染んだJimmy Chooで 撮影に臨もうと思っていたのに。 美しき変態靴を迎えてしまい もはやSo Kate以外での撮影は考えられなくなってしまっ...