徒然

マレーシア

薔薇のように美しく 雑草のように逞しく

こちらの写真は、我が家の前庭にある草である。 前庭と言っても、コンドミニアムの共同スペースなのだが 少々分かりづらいが、中央に放射状の草があるのがお分かりだろうか。 実はこの草、元からここにあった物...
徒然

気ままな一日

金曜の夜、私は夜8時過ぎに寝落ちしていたらしい。 らしい、というのは本人は一体いつ寝たのか、全く記憶に無いからだ。 娘曰く、「8時半に起こしたら、うーんって言って、また寝てたし 10時ごろもう一回起こそうとしたら、もう起きなかった...
徒然

ピンクの華やぎ

ピンクが嫌いだった。 きっかけは多分、子供の頃にピンク色の服を買ってもらえなかったことだと思う。 私が子供の頃の服は白、紺、ベージュ、茶など 地味な色ばかりだった。 それは、母がシックな色が好きだったからなのだが、 ...
マレーシア

スコール

何日ぶりだろうか。 激しい雨が降っている。 毎年1月から3月ごろは、マレー半島は乾季である。 今年は特に暑いらしく、連日オーブンの中にいるような暑さだった。 マレーシアは赤道直下の割りに、熱中症(heat stroke)...
徒然

動画で癖の炙り出しを

今日は携帯電話で動画を撮るためのスタンドを購入した。 自分では出来ていると思ったエクササイズが 師匠のレッスンを受けると、全然出来ておらず 何度も打ちのめされた経験からだ。 毎日のエクササイズは、鏡を見ながら行っているが ...
徒然

モデル体型に憧れない人たち

先日のExchangeの折に、Les Capricesの凜さんとお話をしていて マレーシア人の美意識についてご質問があった。 旧Blogでも綴ったことがあるが マレーシアでは民族によって、美意識が違う。 だがひとつだけ共通してい...
徒然

素晴らしき誕生日

3月7日は51歳の誕生日だった。 誕生日は休暇を取り、自分がやりたい事だけをする。 随分以前からそう決めて、休みを取り Four Seasons Hotelのアフタヌーンティーに行くことにしていた。 私の貧乏...
徒然

マレー半島北部へ(ケダー州アロースター)

木曜の午前中、夫から「アロースターの叔母が倒れた。」という連絡が入った。 彼女は義母の妹で、夫と夫の兄弟にとっては、母親に等しい存在である。 私もお世話になった方なので、急遽1日半の休みを取り、田舎へ向かうことになった。 叔母...
徒然

嵐の前の静けさ?

2月は逃げる、と言うが その言葉のとおり あと二日で2月が終る。 2月は何だか停滞の月だった。 インターネットが不通になり、勢いを挫かれた感もあったのだが 何とはなしにぐるぐると同じところを回っているような。 しなけれ...
徒然

Asami-Parisセミナー 「モデルとしての13年の軌跡」

今夜はAsami-Parisのセミナーに参加できる幸せを、たっぷりと堪能した。 3週間に渡って、私を悩まされたインターネットの不通は 突然の復旧をもって終了した。 しかも、「復旧しました。」の連絡も無く 私がインターネッ...